読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Open Life

猫のことや、ビジネスのことや、モバイルのことや。自分の好きなことを好きな時間に。

【Xperia Z4発表!】進化したのはサクサク、薄い&軽い、そして・・・!

Xperia Z4登場!Xperia Z3から更に進化

f:id:open-open:20150420235258j:plain
遂にXperia Z4がベールを脱ぎました。
SamsungのGalaxyに続き、SONYのXperia Z4と、今月はAndroidの注目端末が話題になっていますね。

日本での発売も予定されていますが、明確な発売日は決まっておらず、今年の夏頃の発売とのことです。

全モデルのXperia Z3は、iPhoneと同じく国内3大キャリアからの発売となりました。
今回も3大キャリアすべてから発売されると勝手に思っていますが、実際のところはどうなのでしょう。

Z3からZ4になり、進化した3つのポイントをお伝えします。
スポンサーリンク


進化ポイント1:Xperia Z4はより軽くより薄く

まず外観ですが、ぱっと見はカラーバリエーション以外、大きなデザイン変更はありません。

しかしながら、サイズをみてみると薄くなり6.9mmと、遂にXperiaも厚み6mm台に達しました。

ちなみにiPhone6も6.9mm。

そして、薄くなったと共に本体の重さも152gから144gへと軽量化されています。

進化ポイント2:Xperia Z4はオクタコアでよりサクサクに

性能面での進化はCPUがZ3のクアッドコアから、倍のオクタコアになったことでしょう。

Galaxy S6/S6 edgeと同等の処理能力でサクサクです。

来年くらいには、スマートフォンでのオクタコアはスタンダードになっていくかもしれませんね。

メモリ(RAM)は、Z3からの継承でZ4でも3GBとなっています。

進化ポイント3:Xperia Z4で大きくアップしたインカメラ(前面カメラ)

今回ユーザーにとって一番進化を感じるのは、インカメラ(前面カメラ)かもしれません。

全モデルの約220万画素から、Z4では約510万画素と倍以上の画素数となっています。
当然画質も大きくアップです。

そして、今回はインカメラでもAR機能が使えるとの情報もあります。
CMなどでやっていた、頭や顔に画像を重ねたりしながら撮影が楽しめたり、自分の顔に他の人の顔をあてはこんだりできるあれです。

今回のカメラの進化は、今まで以上の撮影の楽しさを提供してくれることでしょう。

スポンサーリンク


■Xperia関連記事open-life.hatenablog.com
open-life.hatenablog.com
open-life.hatenablog.com
open-life.hatenablog.com

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
よかったら読者登録やソーシャルでのシェアを歓迎しております。