読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Open Life

猫のことや、ビジネスのことや、モバイルのことや。自分の好きなことを好きな時間に。

【auが最安】ドコモ・ソフトバンクとの1,700円の新カケホプラン比較

auから始まった月額1,700円の新カケホ

f:id:open-open:20150930023242j:plain
iPhone6s/iPhone6s plus商戦を見据えて、各社から発表された月額1,700円での新しい通話定額プラン。

au、ソフトバンク、ドコモの順番にリリースされましたが、どこのキャリアも同じだと思っていませんか?

新カケホプランは、au、ソフトバンク、ドコモともに

『月額1,700円』
『5分以内の通話無料(回数無制限)』
『5分を越える通話は20円/30秒』
『家族間は何分でも無料』

とされており、結局同じように見えます。

しかし、後発のソフトバンクとドコモに関しては、『同じように見せている』が正しいかもしれません。

スポンサーリンク


最安で使えるのはau!ドコモ・ソフトバンクは割高になることも

新カケホプランで違いが出るのは、組み合わせられるデータプラン。

auは3GBプランから組み合わせ可能なのにたいして、ドコモとソフトバンクは5GBプランからなのです。

従来のプランではデータプランは2GBから選択可能なので、最安の組み合わせは、

2,700円+300円+3,500円=6,500円
(基本料金+ネット接続+データプラン=合計
)

となっていました。
ここまでは3社横並びです。

では、月額1,700円の新カケホプランを適用した場合は、どうでしょう。

⬛auの場合
1,700円+300円+4,200円=6,200円
(スーパーカケホ+LTE NET+データ定額3)

⬛ドコモの場合
1,700円+300円+5,000円=7,000円
(カケホーダイライト+spモード+データMパック)

⬛ソフトバンクの場合
1,700円+300円+5,000円=7,000円
(スマ放題ライト+S!ベーシックパック+データ定額プランパック・標準)

結果は上記の通り。
auに関しては最安で使える料金が安くなった一方で、ドコモとソフトバンクに関しては、従来のプランよりも高くなってしまいました。

ライトユーザーはauの方が有利

もともと5GB以上のデータプランを使っていて、通話が少ないと言うユーザーにとっては、どのキャリアでも安く使える可能性はあります。

しかし、通話もデータ通信もあまり使わないライトユーザーの場合は、auの一択と言うことになりますね。

年間で3,600円の差ですが、今回の新通話定額プランは、auが半歩リードでしょうか。

スポンサーリンク