読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Open Life

猫のことや、ビジネスのことや、モバイルのことや。自分の好きなことを好きな時間に。

【ドコモ2016夏モデル】カメラ機能だけを比較してみる

f:id:open-open:20160512012900j:plain
2016年5月11日。
ドコモの2016年夏モデルが発表されました。

今回はGALAXY S7 EdgeやXperia X performanceといったグローバル展開されているモデルに加え、ドコモ独自のAQUOS ZETAやarrowsなど計5機種のスマートフォンが発表されました。

GALAXY、Xperia、AQUOSなどドコモらしいハイスペック端末がそろっていますが、今回はあえてスペックではなくカメラ機能に注目してみようと思います。

対象機種は、下記のドコモ夏モデル5機種です。
・Galaxy S7 edge(SC-02H)
・AQUOS ZETA(SH-04H)
・Xperia X Performance(SO-04H)
・arrows SV(F-03H)
・Disney Mobile on docomo(DM-02H)

スポンサーリンク


ドコモ夏モデル 背面カメラ画素数ランキング

まずはメインとなる背面カメラの画素数ランキングから。

2,300万画素:Xperia X Performance(SO-04H)
2,260万画素:AQUOS ZETA(SH-04H)
1,610万画素:Disney Mobile on docomo(DM-02H)
1,310万画素:arrows SV(F-03H)
1,220万画素:Galaxy S7 edge(SC-02H)

一番画素数の低いGalaxy S7 edgeでさえも1,200万画素越えと、各社のカメラ機能の充実度は安定しています。
もちろん各社独自のカメラ技術を搭載していて、必ずしも画素数が高いものがキレイとは言い切れない部分もあります。

しかし、並べてみないとわからなかったり、「デュアルピクセルセンサー」や「F1.7」「F2.0」など判断するにはいまいちピンとこない機能名がつかわれていることから、わかりやすい画素数で選ぶのもアリではないでしょうか。

ドコモ夏モデル インカメラ画素数ランキング

続いて、セルフィーなどで重要になってくるインカメラの画素数ランキング。

1320万画素:Xperia X Performance(SO-04H)
800万画素:Disney Mobile on docomo(DM-02H)
500万画素:AQUOS ZETA(SH-04H)
500万画素:arrows SV(F-03H)
500万画素:Galaxy S7 edge(SC-02H)

背面カメラと同様に、一番画素数が高かったのはXperia X performance。
やはりカメラ機能へのこだわりはZシリーズからしっかりと継承されているようです。

続いてインカメラの画素数が高いのは、Disney Mobile on docomoのDM-02H。
背面カメラでも1,610万画素と、今回の夏モデルの中では比較的カメラの画素数は高い機種となっています。
PREMIUM 4GやVoLTE HD+といった、ドコモの最新技術には対応していないものの、スマホを楽しむための機能は充実しているようです。

カメラ機能だけで選んでみてもよいのではないでしょうか

毎回発表会では、ハイエンドモデルと言われる高性能機種に注目が集まりがちです。

今回も、Galaxy S7 edge(SC-02H)、AQUOS ZETA(SH-04H)、Xperia X Performance(SO-04H)と言った機種がそろっていて、更にドコモの最新技術にも対応しています。

しかし高性能だけがスマートフォンを楽しむ条件ではありません。
今回のように、スペックはミドルスペックでもカメラだけならハイスペック機種に負けないという端末もあります。
あえて、中身の性能にこだわらずに、カメラ機能だけで機種を選んでみるのも選択肢としてはありなのかもしれません。