読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Open Life

猫のことや、ビジネスのことや、モバイルのことや。自分の好きなことを好きな時間に。

【個人的朗報!】ガラホでも楽天Edyが利用可能に

楽天Edyアプリがガラホでも利用可能になりました。
個人的にすごくありがたいことだったので記事にすることにしました。
f:id:open-open:20160530233307j:plain
スポンサーリンク


2016年5月から一部ガラホで楽天Edyアプリが使えるようになりました

おサイフケータイの機能を備えておきながら、楽天Edyに対応していない。

そんな状況から解放される時がやって来ました。
この事実を知ったのは、5月26日のauからのメール。
そこには、現在しようしているガラホ端末で楽天Edyが使えるようになった旨が記されていました。

自分以外にも、ガラホで楽天Edyを使いたいと言う要望は多かったようで、端末の発売から1年以上たってようやく実現されたようです。

楽天Edyのホームページでは5月18日から発表されていたようで、もっと早く情報をキャッチしておくべきでした。

楽天Edyが使えるガラホ機種は?

今回、楽天Edyが使えるようになったガラホはauから発売されている2機種です。
当然のことではありますが、おサイフケータイに対応したガラホのみです。

AQUOS K SHF31
AQUOS K SHF32

※なお、2016年6月以降で、もう1つのおサイフケータイ対応ガラホGRANTINA 4Gにも対応予定とのことです。

Suicaではなく楽天Edyを利用するメリット

ガラホで利用できる電子マネーとして、今までSuicaも利用ができました。

利便性と言う意味では、楽天Edyが使える場所の多くでSuicaも使えたので、不便だったかと言われればそうでもありませんでした。

しかし、個人的にはSuicaよりも楽天Edyの方がメリットの多い電子マネーだと思います。

ポイントが貯まりやすい

楽天Edyは、利用することでポイントが貯まりやすい電子マネーの1つです。
また、貯められるポイントの種類も複数あります。

貯めたいポイントにもよりますが、概ね200円毎にポイントがたまります。
楽天Edyでの支払いに対してポイントがつくので、楽天Edyが使えるお店ならどこでも対象となります。

モバイルSuicaにもSuicaポイントクラブと言うポイント制度がありますが、こちらはポイントがつくお店が限定的です。

コンビニを例にとっても、セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートと言った大手コンビニエンスストアでもポイントはつきません。

楽天EdyとSuicaの両方が使えるのであれば、楽天Edyを使った方が断然お得と言えます。

楽天デビットカードでチャージが可能

これは人によりますが、楽天デビットカードからチャージができるのも魅力です。
もちろんクレジットカードでのチャージが一般的ですが、楽天デビットカードで口座から直接チャージしたい場面があります。

モバイルSuicaはいつの間にか、楽天デビットカードを登録することができなくなっていて、その点を不便に感じていたところでした。

今回のガラホ向け楽天Edyアプリからも確認しましたが、楽天デビットカードは登録できるカードとして記載がありました。

今後もガラホ向け電子マネーは増えていくのか

今回ガラホ向けの電子マネーラインナップが増えたことは、本当に良いことでした。
クレジットカードを使い分けるように、電子マネーも使い分けることでメリットがあるからです。

今後も、ガラホ向け電子マネーアプリが増えていけばいいと思うのですが、おそらくそれはないと考えています。

ガラホは、「見た目がガラケーなスマホ」ではないからです。
ガラケーでもない、スマホでもない、ガラホと言う特有の立ち位置だと思います。

ガラホ対応のアプリが充実するよりも先に、ガラケースタイルのスマホラインナップが増えるのではないでしょうか。

話がそれましたが、何はともあれ、楽天Edyまで使えるようになったことでますます使い勝手がよくなりました。
引き続き長く使っていけそうです。
スポンサーリンク


■ガラホ関連記事
open-life.hatenablog.com
open-life.hatenablog.com
open-life.hatenablog.com